Home > 2017年12月

2017年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第69回-資格と時間、そして気力

1-denpa-01.jpg


ずいぶん長いあいだ、このコンサルタントブログが停滞してしまった。実は前回8月10日更新直後に願書を提出し、第一級陸上特殊無線技士(一陸特)という資格の受験勉強をしていた。国家試験は10月26日。その経緯は別に運営している無線関係のブログに記した。ギリギリの得点ながらどうにか無事に一発合格した。

さて、ここで書きたいのは勤め人が資格試験を受ける難しさだ。今回の一陸特については、どうしても取りたいという強力なモチベーションがあり、平日の就業後に会社で毎日1、2時間、土日は近所の図書館に行き各4、5時間、週末は合計8~10時間勉強していた。

不思議なもので何か資格を取ると、「この勢いでもうひとつ…」という欲が出てくる、が、この勉強時間が取れない! 出題範囲の何割かがオーバーラップし、さらに現在の本業である有線通信に最も関係の深い、工事担任者という資格のテキストと問題集を買ってきたが、モチベーションというか気力というか、「終業後の1時間」が出来ない。

問題をパラパラめくってみると、一陸特の試験で出てきた問題と同じだったり、仕事を通じて既に知っている内容だったりで、「時間をかけて抜け目なく勉強すれば取れるな」という感触はある。しかし、気力? 時間? その両方か、どちらかがナイ。

本当にモッタイナイのだ。全く理解出来なくて「こりゃダメだ」ならばともかく、なんとなくわかる問題、一度勉強すれば出来そうな問題、既に知っていて間違いなく解ける問題…まさに次の資格にうってつけではないか…。

しかし考えてみると、勤め人受ける資格試験なんてそんなものではないかという気がする。実は日々の仕事とオトナの知識や理解力、応用力で合格に値する潜在的な能力など、しっかり持っているのだ。問題はその先。ここで気持ちをグッと引き締めて、仕事をテキパキ片づけて、終業誤後にサクサクっと勉強が出来る人が次々と資格を取って行くのだな。

一陸特はガンバッたんだけどねぇ。同じくらい勉強すれば次もその次も取れそうなのだが…。

Home > 2017年12月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。