Home > 2018年03月

2018年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第71回-マネージャーの卓越(前編)

beatles1966_w550.jpg

前回は吉野屋の元社長、安部修仁氏のことを書いた。その続きのようになるが、再びマネージャー論である。

仕事で伝説的プロモーター永島達司氏のことを調べた。永島氏は現・キョードー東京の創設者で「ビートルズを呼んだ男」として知られる。音楽的な偉業は私が並行して書いている別のブログに譲るが、ここでは卓越すたマネージャーとしての才能について2つほど記したい。

まずはなぜ氏が伝説的プロモーターになり得たか。氏の父親である永島忠雄は東大法科卒業後に三菱合資入社、三菱銀行取締役を経て三菱海運の社長を務めた。そのため達司氏は2歳から15歳までをニューヨークとロンドンで過ごす。そんな氏の英語は完璧で、きわめて上品な発音であったそうだ。早大在学中にジョンソン基地・将校クラブの支配人を務め、「外タレ」を招聘するプロモーター、当時の言葉でいう「呼び屋」の道に。

昭和30年前後の混沌とした時代のことではあったが、「英語が出来て音楽に詳しい」という自らの能力を、見事なまでにビジネスに繋げたその行動力と先見性は素晴らしいと思う。
たったいま、「昭和30年前後の混沌とした時代のこと」と書いたが、実はこうした能力の活かし方は今でも考えられるべきではないかと思う。スタートアップベンチャーが改めて注目され、今までとは明らかに異なるビジネス・モデルが議論されている今こそ!という気がする。
自分が活躍する舞台を、自分の周囲半径XXm程度に自ら狭めて、限定していないか? 本来はその逆なのだ。自分には**の知識がある、わずかながら**語が出来る、それならばその2つを結びつけて、最大限にはじけると何が出来るか? そう考えるべきではないかと、五十歳を過ぎて改めて考えている。

どうにか実用になる英語力と光ファイバ通信に関する知識-この2つを結びつけて、東京を拠点に世界に飛び出せないだろうか…そう考えて設立した自分の会社だが、15周年を過ぎてどうもシュリンク傾向にある。「本当はこうではなかったような…」と永島達司氏の活躍を見て考えてしまった。まだまだ何回か、勝負出来るのではないか…。(後半に続く)

Home > 2018年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。