Home > 広報宣伝 > 第41回-インタラクティブ展示会

第41回-インタラクティブ展示会

iphone-user2.jpg


我々、光ファイバ通信関係者にとって世界最大の学会・展示会と言えば、毎年春に米国で行われるOFC(The Optical Fiber Communication Conference and Exposition)である。
出来れば毎年行きたいと考えているが、年度末の3月に1週間も東京を空けるのは中々大変で、昨年、今年と行きそびれている。さすがに来年は行かなければマズイだろう。

さてそのOFCに最後に参加した2012年3月、会場のロサンゼルス・コンベンション・センターで米国流の仕事術というか、ナンというかを目撃した。向うのエンジニアの多くは実にベッタリと、床に座り込んでPCやタブレット、スマホで何かやっているのである。話を聴いてみるとメールチェックと同時にツイッターやFACEBOOKなどで展示会、学会の情報を収集しているらしい。
日本では…床には座り込まないだろう。タブレットの人気もヒマひとつ。適当なベンチを見つけて、折り目正しく姿勢よく、パナソニックあたりのノートPCを叩くのが日本流(?)というところか。内容的には主に日本からのメール対応が中心か?

そしてそのOFC会場で、私もツイッターなどを見てみると、#OFC2012のハッシュタグ、その他各メーカー名や技術、製品名のハッシュタグなどが乱立し、デモの予告や展示品の紹介などをしている。ううむ、ヌカッタ…。

実はこの時、私はコンサルタント先の出展支援で渡米しており、コンサルタント先企業(OFC初出展)の社員と一緒に、各社のブースを回ったり、会場で重要人物を捕まえたり、時にブースで説明員を務めていた。展示物やパンフレットはもちろん、どこの企業の、どのような人を捕まえるかまで、綿密に準備したつもりだったが…ツイッター対策の準備まではしていなかった。失敗!

実はそれほど難しいことではないだろう。まず展示会名のタグに乗っかって出展アピール、その英文は事前に何パターンか作っておく、ツイート時間も効果的なタイミングをざっくり考えておく、特に人を呼びたいときは何かキャッチーな内容で効果のありそうなタグに絡めて…。

いまならいくらでも思いつくが、なにしろ2年以上前のこと。光ファイバ通信などというB to Bの地味な展示会で、ツイッターを駆使すべし、とまでは考えが回らなかったのだ。当時もすでに消費財、特に食品や化粧品などではツイッターは頻繁に使われていたが、金属加工技術などをツイッターで、リアルタイムにPRすることが有効とは…。

あまり詳しく書くとコンサルのネタがバレるのでここまで。あれから2年、今ならツイッターにLINE、あとはどこまでをインタラクティブ・ツールの対象とするか? いまや取捨選択が課題となる。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://optomarketing.blog29.fc2.com/tb.php/44-f4804fca
Listed below are links to weblogs that reference
第41回-インタラクティブ展示会 from BLOG | コンサルタントは地獄の道づれ?

Home > 広報宣伝 > 第41回-インタラクティブ展示会

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top