Home > スポンサー広告 > 第57回-バグの時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://optomarketing.blog29.fc2.com/tb.php/60-94e0fe60
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from BLOG | コンサルタントは地獄の道づれ?

Home > スポンサー広告 > 第57回-バグの時代

Home > 品質保証 > 第57回-バグの時代

第57回-バグの時代

fig0088std.jpg

「デバグレス文化」とでも呼べば良いのか、システムが大型汎用機(古い!)やワークステーション、PCベース、ブラウザベースのWebシステムからスマホのアプリに変化したタイミングで、「デバッグ」の概念が変わってしまったような印象がある。あくまで個人的に、だが…。

社会人になってから仕事として担当したシステムは上記の通り、大型汎用機を使った手配系・勘定系のシステム、ワークステーションによるOracleのRDBシステム、そしてWebベースの業務系イントラネット・システム、あ、自分で組んだVBなんてのもあった。いずれも1990年代から2000年初頭にかけてのことだ。

その後、独立してFOMA携帯の課金制着信メロディシステムなどにも(これについてはシステム面ではなくコンテンツ面で)携わった。これは2001~2005年頃。しかし、この頃まではシステム構築作業とその後の「検証」についてはかつての大型汎用機時代と大差なかったように思う。もっともやっているのが同じ人間だったからか。

当時は「デバッグの時間をたっぷり取れ」、「異状系は正常系の3倍かかる」、「バグを誘発する操作・処理パターンを熟考し、事前に対策を打て」、この3つを耳にタコが出来るほど聞かされた。
特に私は業務・画面設計とUI、導入指導が専門だったので三番目の「バグを誘発する操作・処理パターン」が得意(?)だった。「SEさん、PGさん、絶対にこのパターンは考慮していないだろうな。でもこの処理、しょっちゅう発生するんだよな」というもので、一発でシステムをフリーズさせて、「ハイ!がんばって下さい!」とお願いしていた。
何しろそこで手を抜くと、100人規模の工場が停止したり、日本中の営業所で見積が出来なくなったりする。SEさん、PGさんには申し訳ないが、両者合意の上でのかなりのスパルタであった。

そんな世代からすると、現在のAndroidアプリのバグのままで数カ月放置され、ユーザーレビューが☆1つで「全く使えません」ばかりという状況は理解に窮する。しかも有料アプリでもそんなものがあったりする。消費者庁的に問題ないのか?!

要するに「完成度よりも速さ」なのだろう。確かに自己責任で使用するβ版だと思えば納得も行くし、β版的な文化は何十年も前からあった。
アイディアを一秒でも早く具体化し公開、問題があったら「動かしながら直して行く。バージョンアップで対応」という方法論も確かにあるはある。しかしそれが使える場所、使えない場所があることも事実。もせめてAndroidアプリくらいに留めておいて欲しいと思うが…。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://optomarketing.blog29.fc2.com/tb.php/60-94e0fe60
Listed below are links to weblogs that reference
第57回-バグの時代 from BLOG | コンサルタントは地獄の道づれ?

Home > 品質保証 > 第57回-バグの時代

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。