Home > 営業販売 > 第64回-金を稼ぐ難易度

第64回-金を稼ぐ難易度

AUT_3307m.jpg

前回のブログで団塊世代が若手だった30、40年前と現在では「仕事の『質と量』、難易度と分量の劇的な変化がある」と書いた。話を団塊世代まで拡げてしまうと、正確な記述のために色々と調査をしなければならないので、まずは我が身、自分の世代と今の比較をしてみよう。

私は60歳代の団塊世代とはひと回り違い、昭和40年生まれ、平成初頭入社という中間世代(?)になるが、いや、もう、質も量も激変している。平成初頭も何も、いまの会社を始めた15年前と比べても大違いだ。

例えばメインでコンサルティングしている光ファイバ製品。創業当時の2000年前後はお隣り韓国からちょっとだけ割安のコモン製品(特に特徴のないアタリマエの標準品)を持ってくれば商売になったし、日本製のちょっと高度なスペックの製品を紹介すればアジアでも欧米でも喜ばれた。

当然の話だが、今はそんなレベルではビジネスは成立しない。MSA(Multi Source Agreement)と呼ばれる規格統一の影響もあり、コモン製品はタイやベトナムで安価に製造され、最も付加価値が付けやすいコネクタ取付に至っては北朝鮮の工業団地製まで登場している。ハイスペック品も全く珍しくはなくなり、今の中心は中国製、台湾製。韓国製が苦戦し、日本製は「高いので意味がない」と言われる状況だ。そして当社は「そんな時代に日本メーカーとして何を作るべきか」というかなり難しいコンサルティングが生業となっている。

広告やWebについても同様。昔は海外の専門誌にパイプがあり、当社経由で広告が出稿出来る、英語で、外人が注目するコピーやビジュアルで原稿が作れるということだけでそこそこの商売が成立したが、いまや製品自体が上記のような状況なので海外媒体に対し熱心に宣伝費を投資したいという奇特な人は極めて少ない。

最も違いが大きいのはWebだろう。2000年前後は「ホームページビルダー」のような一般家庭でお父さんが使うようなソフトでも、ちょっと見栄えの良いページが組めたらなんと仕事が来てしまっていた。ウソのような話だが本当だ。Photoshopを使ったレタッチについてはさらにすさまじく、「88x31ピクセルの定型gifアニメバナーを1個作って1万円」などという夢のような時代もあったのだ。

ホームページビルダーはその後、DREAMWEAVERに変わり、いまやCSSコーディングが中心。デザインもフラットになり、「立体ボタン加工」などもはやレトロの域だ(マーキーやFlashは論外。このモバイル端末時代に…)。

いくつかの例を挙げたが、結論はひとこと「金を稼ぐのが難しくなった」ということだ。これに尽きる。昔は結構な儲けになっていたコト、モノが、いまは全く商売にならない。ネットやモバイルなどインフラ面から見ると成熟、横這いのように見えるこの10年、15年だが、いやいやとんでもない。その本質は激変し、ウカウカしていると「全く商売にならない会社」になってしまう。ある意味怖い時代と言える。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://optomarketing.blog29.fc2.com/tb.php/67-b17ef21e
Listed below are links to weblogs that reference
第64回-金を稼ぐ難易度 from BLOG | コンサルタントは地獄の道づれ?

Home > 営業販売 > 第64回-金を稼ぐ難易度

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top