Home > 人事・総務 > 第66回-生涯現役?

第66回-生涯現役?

2F277ECD00000578-3350901-image-a-19_1449575092402.jpg

小規模なコンサルタント会社を経営していて最も悩むのは「自分の定年をいくつにするか」だ。

完全な個人コンサル業ではなく、一応、男性の技術経営コンサルが私含め3名、他にグラフィックデザイナーやプログラマーも在籍し数名の所帯ではあるが、さて、創業社長でもあり、メインのコンサルタントでもあり、創業15年間で70社近いクライアントのほとんどでフロントに立ってコンサルティングして来た身となると、「いくつまで、このままやる?」は本当に悩ましい(コンサル内容によって数社は他人に任せ伝票処理のオジサンのみをやったケースもある)。

現在、ほとんどの会社が65歳定年制だろうか。私は独立前に非常に大きくて古い電線メーカーにいたので、そこから漏れ聴こえて来る話が参考になる。早期退職で60歳、あるいは57、58歳で自ら身を退いたという話も聴いた。

私は今年52歳になるので、57、58となるとあと5年くらいしかない。コンサルタント業でそれはさすがに早い気がするし、子供もまだ小さいし、そして「退職金積立」も不十分だ。
実際にリタイアを決める大きな条件はこの2つのように思う。子供と、退職金積立だ。しかしそうなるとあと20年近く…心身ともに健康でいなければなぁ…。

かつては「生涯現役」なる言葉がもてはやされて、65や70を過ぎても元気に働いていることがポジティブに語られたが、いまはどうだろう? 某「暴走老人」氏の影響、相次ぐ高齢政治家の舌禍事件などもあり、老害を撒き散らかさずに、ちょっと小洒落た悠々自適の第二の人生を送ることが善しとされているのではないか? 本当は私も、早々にリタイアかセミリタイアをして、のんびり暮らしたいと思うのだけれど(諸事情からそれは無理)。

退職金積立の満期を70歳以上に設定してしまったという事情もあるが、「定年しても完全に隠居する人は少なく、専門性を活かした何らかの仕事を続けているのではないか?」→「それならば今の仕事を量や時間を抑えた形で高齢まで続けるのが最善策ではないか?」→「そもそもクライアントに『高齢になったので引退します。会社も畳むのであとは自社だけでがんばってくれ』など認められないのではないか?」→「いや、その年齢になったら、もう『あなたに手伝って貰わなければ、ウチの会社は成り立たない!』などというクライアントはいないのではないか」…等々、考え始めると止まらない。最後のひとつはちょっと寂しいけれど。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://optomarketing.blog29.fc2.com/tb.php/69-66fb620e
Listed below are links to weblogs that reference
第66回-生涯現役? from BLOG | コンサルタントは地獄の道づれ?

Home > 人事・総務 > 第66回-生涯現役?

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top