Home > 人事・総務 > 第67回-ブーメランと自爆

第67回-ブーメランと自爆

boomerang.jpg


相手の首を取ったつもりで発言したが、トンデモない勘違いで自分のミスであった。ネット用語で「ブーメラン」と呼ばれる現象だが(昔から使われてもいたかな?)、これは仕事でも実に良く発生する。民○党と自○党の間だけではない。

例えば資料なり書類なりを受け取ったが、内容が全く違っている。「何だコレは?あの人、全然判ってないじゃないか!」、耐えかねて即座にクレームの電話を…ということはしないようにしている。

あまりにも、驚くほど内容が違う場合、「何だコレは?!」というレベルの場合は、もしかしたら依頼方内容が間違っていたのではないかとまず過去の自分のメールや依頼書を調べるようにしている。50回に1回くらい、2%くらいの確率で、実は自分が勘違いをしており、相手の仕事も受け取ったものも、自分の依頼に対しては100%マッチしているということもある。

そんな時に「何ですか?コレ?依頼内容、判ってるんですか?」なんて電話をした日には大恥だ。

ネット関係のクレームなどでもたまにある。自分が使い方を間違っている、機能を正しく理解していない等々の理由にもかかわらず「うまく動かないンだけど!」とサポートに電話…これも大恥。

行き違いが大きければ大きいほど、まずは自分を疑う。そして作業履歴や書類、メール等を徹底的に調べて、100%自分に非がないことを確認してから、「あのー、頂いた資料ですが…」と連絡する。これで感情的な衝突はかなり避けられる。

これとは別に誰からも頼まれていないのに自滅するような仕事を周囲にバラ撒いて「自爆」するタイプもいる。それについてはこの次に…。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://optomarketing.blog29.fc2.com/tb.php/70-5d6c40bb
Listed below are links to weblogs that reference
第67回-ブーメランと自爆 from BLOG | コンサルタントは地獄の道づれ?

Home > 人事・総務 > 第67回-ブーメランと自爆

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top