Home > その他 > 第68回-仕事の振り方、仕込み方

第68回-仕事の振り方、仕込み方

wakefield_swedish_insert.jpg


新製品開発の仕事が多いので、基本構想から設計、市場調査、試作、量産検討などなど、非常に長いステップで仕事をしているが、痛感するのが「ここまでやって次に渡したら愕然と楽になる」という仕事の振り方、仕込み方だ。

例えば外注業者に試作品を委託する場合、ともかく徹底的に部品情報を集めて適切な設計を行い、加工図面だけではなく前処理のポイントなども書いておく。支給部材は100%キッチリ揃えて、加工方法や精度の問題なども事前に委託先と打ち合わせておく。納期も輸送手番が休日なども考慮して、日付レベルで下打合せしておく。

ここまで仕込んだら、もう出来たも同然なのだ。書類は事前に全て送付、支給部材も抜けなく発送。あとは事前に打ち合わせておいた納品日を待つだけだろう(但し信頼出来る加工業者の場合のみ)。その間に他の仕事が出来る。もっともこれは外注業者に限らず、同じ社内で仕事を次工程に渡す時も同じだろう。

設計、加工情報が曖昧なまま、或いは部材の支給が五月雨式で…これでは委託先、次工程にスッパリ渡せない。「ここはどうなっているんですか?」、「この部品はいつ届くんですか?」…いつになってもダラダラとやりとりが続き、他の仕事に移れない。進行の途中で「こんな部品だとは思わなかったんですけれど…」などと言われた日には、設計段階まで戻ってやり直しの必要まである。

実はこの設計・加工情報や部材を100%キッチリ揃えて渡すという作業、なかなかに大変でツライものでもある。しかし私は「中途半端に私でもあとでモメるだけ」と考えて、徹底的に「仕込んで」から渡している。単に心配性なだけかもしれないが…。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://optomarketing.blog29.fc2.com/tb.php/71-09da7c74
Listed below are links to weblogs that reference
第68回-仕事の振り方、仕込み方 from BLOG | コンサルタントは地獄の道づれ?

Home > その他 > 第68回-仕事の振り方、仕込み方

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top