Home > 人事・総務

人事・総務 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第59回-ちょっと待て!

Mass-movement-dazibao-1.jpg

昨年12月にある建設会社で「緊急連絡しなければならない時があるから電話番号を教えてくれ」と言われた新入社員が「電話番号なんて使わないですよ。LINEの無料通話を使っているから」と答えたという話を紹介した。最近の情勢を考えると「いかにも」ではあるが、この話、一部では「作り話ではないか?」との疑惑も挙がっているらしい。

確かに私も「いくらなんでも…」と思うところがあった。自宅警備関係者やフリーターならともかく、一応でも古い業態の企業で会社員になっている者が、携帯番号まで持っていないということがあるか?

「そもそも就職活動中はどうしていた?」という声もある。これは、まぁ、「内定~入社くらいまでは携帯を持っていた」とも考えられる。しかしそのあと、日常生活で困ることはないだろうか? 例えばピザが食べたいとき、家族や親戚と急な連絡を取らなければならないとき、ネットで何かを申し込む、何かの会員登録をするにしても、電話番号の入力は必須ではないだろうか。書けば書くほど「いくらなんでも…」だ。

本人たちに会ったわけではないので本当に本当のこと、真偽の程はわからないが、どうも辻褄が合わない。そしてネット上で流布されるこの手の話には、多分に「ちょっと極端な例を創作してみました」、「似たような話を聞いたんで、ちょっと盛ってみました」というものが少なくない。
さらには海外サイトの写真を文章もわからずに想像で解読(?)して、結果的に「デマ」になってしまったもの、ちょっとややこしい科学的な内容をすっかり勘違いして流布したもの、等々、ちょっとネットを調べてみると、ほぼ毎日、少なくとも1件、日によっては数件の「ネットのデマ」が生成されている。具体的な例は(わざわざ)書かないが…面倒なのがツイッターの伝達力なんだよなぁ…。

通信工学や光工学など、専門分野については概ねデマか真実かの見極めがつくが、確かに専門外で騒がれると、私も騙されてしまうかも。なんだか今までとは違う”騙されない”能力が必要になって来たなぁ…。

第55回-会社のカラーとロケーション

ebisu_550.jpg

会社設立1年後の2003年の3月から10年以上操業してきた恵比寿の事務所を昨年1月に一旦撤収、仮事務所を経て9月から五反田に移転した。その五反田の事務所もそろそろ開設から1年半に近づいている。歳をとると本当に時間が経つのが早い。

さて、その「恵比寿から五反田」という会社の移転、寂しくないか? と言われればやはり少々寂しい。

恵比寿といえばいまや東京のオシャレな街の代表。色々な意味で「働いていることが嬉しい街」でもあった。
ちなみになぜ恵比寿にしたかというと、ご縁のあった不動産屋さんがたまたま恵比寿で、しかも(戸越公園の自宅事務所で不自由な思いをしていた)私も、漠然と「恵比寿あたりに事務所があったら良いだろうな」と考えていたからだ。その組み合わせ、巡り合わせの妙で決まった。

しかし賃貸の準備をしていた2002年、今から15年近く前の恵比寿というのは今ほどのキラキラ感はなく、むしろシブイ、オトナの街だったように思う。「青山や渋谷ではなく、あえて"ハズして"恵比寿」という感じだった。そしてそれが私が「恵比寿あたりに事務所があったら良いだろうな」と考えた理由でもあった。

まぁ、なんだかんだで恵比寿から離れてしまったが、先日近いタイミングで神谷町から馬込に事務所を移した人と話す機会があった。お互いに「神谷町、恵比寿に開いた時は確かに事務所の場所もステータスと考えていた」、「しかし起業から十数年を経て、『あなたの会社は馬込だから、五反田だから』を理由に契約を渋るクライアントがいるならば、こちらから辞退、というか願い下げ」と盛り上がった。

2000年代の初頭はまだITバブルとやらの余熱も残っており、多少はカッコをつける必要もあった。しかしそれで10年走って来て、会社としてそれなりの実績を残し、しかももう結構な年齢にもなり、いまさら「事務所の立地がオシャレ」で契約を取る柄でもないだろう、というわけだ。リーマンショック、デフレ、震災、安倍政治…今はむしろ「どのように引き締めの努力をしているか」が問われる時代になったような気がする。

しかししかし、恵比寿時代を思い出すと(話が二転三転して恐縮だが)フワーっと込み上げるような甘く懐かしい感情もある。「創業2年目から12年目までを恵比寿の一等地で送ったことで、今の会社の明るくユーモアのあるカラー、それなりに垢抜けたスマートなカラーが確立されたのではないか」とも考えているのだ。

もちろん今の五反田も便利で落ち着いた良い場所だとは思うが(駅から4分、学研本社まで1分で目黒川沿いというそれなりの好立地ではある)、もし事務所が最初から五反田にあったら…もう少しだけ地味な会社になっていたかもしれない。そんな気がするのだ。10年以上にわたり、「恵比寿の会社」であったことが当社のカラーを作った。意外に会社なんてそんなものかもしれない。

最後に恵比寿の問題点…仕事がない日でも、ちょっとルーズに仕事をしてしまった日でも、恵比寿の街を歩き、恵比寿駅から帰宅すると、なんだかカッコ良くて立派な仕事をしたように勘違いしてしまうのだ(それは完全な勘違いだ!)。五反田にはそれがなく、ガツガツと地味に、堅実に仕事をしなければと毎日考えている。わずか二駅の違いだが…。

第52回-ダイヤル式電話機とジェネレーションギャップ

6月頃にツイッターで話題になったのが、「貸会議室でダイヤル電話を使ったゆとり社員が、終了後に受話器を"縦"に置いた」だ。

引用になってしまうのでここには写真を載せないが(ご興味あればこちらのリンクから)、通話口をダイヤルの下に、受話側をフックボタンの間に、要するに-我々世代に言わせれば-「保留」の状態にして、使い終わった、切ったつもりでいやがる…と晒したわけだ。

しかしこれが糾弾派と擁護派でプチ炎上。私もちょっと思うところがあった。

糾弾派は当然「常識知らずも程がある」と。それに対し擁護派は「単なるジェネレーションギャップ。生まれた頃にはもうダイヤル式の電話機なんてなかった」、「なんでもかんでもゆとりのせいにするな」。

私は実はこのいずれでもなく、そしていずれでもあった。どういうことか?

「単なるジェネレーションギャップ。生まれた頃にはもうダイヤル式の電話機なんてなかった」はよく分かる。ではこれを晒したオッサン(たぶん)社員は「41号M磁石式電話機」と呼ばれる下の写真の電話機が使えるだろうか?

41M-K_m1.jpg

手動えんぴつけずり器のレバーのようなものは磁石発電機で、これを回して発電し、そのパワーで交換手まで繋ぐ。電話局の交換設備が自動交換機ではなく、更に各加入者に給電を行わない場合に使われていた。一般に「黒くてツルっとしたヤツ」と呼ばれるダイヤル式の600形電話機の貸与開始が昭和38年(1963年)なので、ゆとりを糾弾した連中もこの「41号M磁石式電話機」などは「知らないよ!」だろう(この41号M磁石式電話機、かつては一般家庭用にも貸与されていた。実は後継の601-M形磁石式電話機が2009年までレンタルされており鉄道など一部企業の内線電話では現役である)。

立場と対象が変われば同じこと。それだけの話なのだ。世代格差というのはそういうものだし、逆に最新のSNSやスマホを使ったIP系の音声サービスなどにオッサン世代が付いてこれるか? という逆のジェネレーションギャップもある。

「なんでもかんでもゆとりのせいにするな」もごもっとも。「私は中学生だが、これくらいは知っている。一緒にしないで欲しい」という声もあれば、「完全なゆとり世代だが、我々が望んで『私たちをゆとりにして下さい』と頼んだわけではない。ゆとり世代を生み出したのはあなたたちの世代だ」という唸らされるような意見もあった。

すっかりゆとり擁護の雰囲気になったが、しかし私はゆとり云々よりも別の視点で、「これはちょっと常識がないのではないか?」と考えている。

まず、1)原状復旧が出来ていない。通話をする前には受話器は正しくフックボタンの上に横向きに置かれていたはずだ。なぜその直前の状態に復旧しない? これは装置などのハードウェアでも、プログラムなどのソフトウェアでも基本中の基本。なぜ原状と異なる、独自の状態を作り出して平気な顔をしている? これについてはかなりの怒りを覚える。

つぎに、2)その状態で「切断」に繋がる何らかの動作がされているか?上の白いボタンは何のためにあるのか? これは若干エンジニア目線ではあるが、どこにも当たらない、どこも変化せずトリガーが発生しない単に受話器を「乗せた」状態で、電気的に切断がされるか?…これはちょっと考えればわかるはずだ。「なぜこれで切断状態になるのか?」と。

結論としてこの1)、2)の方が大問題で、確かにこの社員は厳しく注意、指導されるべきだろう。この2点にルーズな者は、少なくとも私は一緒に仕事をする気はない。そして改めて考えると、この2点、「ゆとり」云々など全く関係ナイではないか…という結論に達する。このタイプ、50代だって60代だっているぞ。あちこちに。

第49回-ワークスタイル最大の謎

tokyo-st.jpg

よほど綿密なデータマイニングと比較をしないと結論は出ないと思うので、今回は私がここ10年、いや15年以上「最大の謎」と考えている、企業人のワークスタイルについて、ほんのさわりだけ触れる。

「最大の謎」とは何ぞや? それはここ2、30年間の我々があまりに「忙しすぎる」のではないか? ということだ。

例えば私が子供の頃、昭和40年代のことだが、実家は神奈川県の逗子にあり、父親は都内に勤めていた。元々は虎ノ門、赤坂のオフィス、転職後は目黒駅前の大学だ。通勤はドア・ツー・ドアで1時間半から2時間かかる。

ところが夜7時台には逗子の家に帰宅しており、夕食はかなりの確率で家族と一緒に家で。そのあと一緒にテレビでナイターを観たり、風呂に入ったりしていた。このあたりは8、9時台ということになる。逆算すると6時前後には勤務先を出ていることになるが…。

果たしていま、どれくらいの企業人が6時前後にコンスタントにオフィスを出られているだろう? 昭和の6時は「役所の終業から1時間後。民間企業も退社する時間」かもしれないが、平成の6時はヘマしたらまだ会議中、デスクに戻ってヤマのようなメールを片づけはじめて…という、まったくもって「勤務時間内」ではないか?

さて、この先をしっかりと書くには冒頭で述べた通り、データマイニングやら比較やら、様々な仮説の検証が必要になって来るので、思いつくままに挙げると-

1.インターネット&1人に1台パソコンが定着して約20年。昔に比べて1日の仕事量が膨大になっているのではないか?

2.同様に、例えば紙の「社内メール」の往復で2、3日かかっていた仕事が「メールに添付しました。記入して今日中に返信して下さい」等々スピード化され、必然的に「中々終われない」状況に陥っているのではないか?(「これは明日でイイや」が減っている?)

3.地価・家賃、その他物価の高騰からあるレベルの生活を送ろうとするとかなりの高所得を得なければならず、ホドホドの仕事で残業代を得ずにホドホドで帰るというワケには行かなくなっているのではないか?

4.「役職デフレ」が起こり、昔でいえば担当の仕事が課長に、課長の仕事が部長にスライドし、高齢になっても残業を強いられるという状況はないか?(昔の50代などは若い奴に投げて帰っていた?!)

漠然と考えているのは以上の4つ。いずれも個人的な妄想で、バックデータ等は(まだ)ない。さて、この4つ、本当なのか、妄想なのか…。

第48回-時間の「読み」と「調査設計」

flight-planning_20121101091533.jpg

何かの作業を他人とシェアしたとする。当然着手前に打合せをするが、そこで最も「むむ?」と違和感を感じるのが、作業に対する相手の「読み」の問題だ。

異常なほど読みの甘い人がいる。こちらが心配になるくらい無理な納期を自らに課し、こちらが「本当にそれまでに出来ますか?」と(一応)心配しても「平気だ」と答える。このような場合、概ね自滅する。期限になっても作業は終わっておらず、全体スケジュールの調整を強いられる。何件かのケースを見たところ、その仕事の困難さを正しく理解していない場合(大きな見落としがある場合)、そもそも仕事全般を軽く見ている(要するにナメている)場合にこの状況に陥りやすい。

逆に異常なくらいに針小棒大に騒ぐ人もいる。あれこれと作業に関する見解、感想を述べ一向に着手しない。「結局いつ始めていつ終わるつもりか?」と聴くとあり得ないほど先の日時を言って来る。「今日から始めて、2週間以内にはどうにか…」に対し、こちらが「いますぐ始めて、2時間でしょう。今日の夕方までに送りますよ」と言うと泡を喰ったように驚かれる。この場合は自滅以前の話で、実はその作業のやり方をまったく理解していない、どんな作業をどんなスピード、効率でやれば良いのか想像が付いていないことが多い。それゆえに苦し紛れに近未来のような納期を言うのだろう。

最も困るのは「簡単な作業に長い時間が必要と言い、難しい作業をすぐ終わると言う人」だ。ところがこれが少なからずいる。時間オンチというか、なんというか…。

我々市場調査の専門家は、まず「調査設計」という作業を行う。何かを調べてまとめようと思ったら、最初に必要な周辺情報を軽く集めわかりやすく書き出し、資料のアウトプットをイメージして早々に「目次」のようなものを作ってしまうのだ。それが終わると半分本気、半分冗談で「ここまで来たら出来たも同然」「あとはチカラ仕事だけ」と言い合う。この仕事術、市場調査に限らずかなり有効なはずだ。

道もわからず長距離ドライブに出発しないだろう。いや最近はカーナビがあるから、多少行き当たりバッタリでも大丈夫? しかし仕事にカーナビは使えないぞ。

Home > 人事・総務

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。